シティーオート・テクニカ
ホーム 会社紹介 愛車紹介 車検について メンテ情報 アクセス お問合せ
会長の部屋 スタッフルーム 雑用日記 掲示板 エアコン!! 中古車! GOOPIT!

平塚市で営業している自動車の整備工場シティーオート・テクニカです

平塚市で営業しています関東運輸局長認証の自動車整備工場、シティーオート・テクニカです。平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。車検、新車中古車販売、整備などお気軽にご相談下さい。ご来店お待ち申し上げております。
パート・アルバイト急募!!興味のある方はクリックしてください
つれづれなるままに by 会長
キーワード
25ページ中12ページ目を表示中
RSSリーダーを使用すると雑用日記の更新情報を受け取れます。
HA30タテグロL20だ !
2010-05-23 14:41:47

1977頃中古GT車はニッサン車大人気! スカイラインGT、GC10、ケンメリ、サメブル、ローレル、230セドグロ等。タテグロもファンが結構多くベンコラマニュアル、ATどちらも相当健在でした。初期のPAはあまり見かけませんでした。最終モデルのGLが欲しく探しましたがありませんでした、GLはパワステ、パワーウインド装備で、その後見たのは一度だけ。所有していたHAは1970年式で色白でL20ベンコラ4速6人乗り、シートは黒ビニールレザーで造りは良くデザインもグッド、
タテグロの好きな方は結構このシートが気に入っている方が多かった。ヨーク製の後付クーラーが付いており良く冷えました、当時は、ほとんどが後付です。新車を購入される人も取得税がその方が安いという訳で。社外クーラー屋さんはウハウハだったのでは?
クーラーメーカーもサンデン、ユニクラ等有り特にサンデンは純正より良かった様です。この頃クーラー付き車がやっと普及してき、GC10では少なく、ケンメリではほとんど装備されていました、もっとも新車からではなく後から付けた人の方が多かったようです。今年の夏は暑いからクーラーを付けよう、なんて感じで。 ヨーク製のクーラーは良く冷えるのですがパーワーダウンが激しくクーラーがオンになると高速走行時には体感出来るほど、後で知るところヨークのクーラーはほとんど外車の大排気量車に付けられていたそうな!当時のクーラーやエアコン付き車は渋滞や登坂ではオーバーヒートに気をつけ無ければならず、大変でした。エアコンタイプは少なくクーラータイプが多かったです、高速走行時に風向きを顔に当てていると氷のツブが飛んできてイタイなんてことも。
暫く乗っていまして用事で解体屋さんに行くとHAで白レザーシートの車が有りシート一式を購入しボディーもシートも白に。
HAはホイールのピッチが他車と異なるのでアルミホイールを付けているのはお目にかからず。この頃のニッサン車のマニュアルミッションはカウンターシャフトのベアリングが磨耗しガラガラ!良く修理しました。L20エンジン搭載車はHAから始まり、130セドリック、230グロリアGX、331.2800グロリア、ハコスカGC10、KGC10と乗り継ぎ。
L20エンジンは丈夫でした、弱い処はウォーターポンプ位!
S54スカイラインGTもAタイプですが一時期乗っていました、確かピカピカガレージ車で5万円。ハコスカから比べると設計が古いので乗りにくくロングノーズで小回りが出来ません、1500のボディーにG7のグロリアのエンジンを無理くり載せたと言われる所以かな!
なつかしられながら暫く乗っていますとテントウ虫スバルを売却した中古車屋さんが客寄せ用にぜひ!と、乗りにくかったのでマタマタ売却。S54と言えばやはり生沢テッチャン、日本GP、泣くな54ですねぇー!チョット古いかー?国産車がサラブレッドポルシェに挑む!!!
この頃のベレGやS54のメーター周りってノスタルジックでイイですネ
510も初期タイプは同様でメーターガラスがペッタンコタイプでした。S54は当時フィスコ常勝、やっつけたのはトヨタ1600GTコロナハードトップ、これをやっつけたのはハコスカGTR、その後ハコスカが50連勝し、これを阻止したのがサバンナロータリー!!!それからオイルショックになりレースは意気消沈なんて流れではなかったかな?
次回は当時のニッサンスポーツタイプについて!!!

<前 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 次>

株式会社 シティーオート・テクニカ
〒254-0915 神奈川県平塚市出縄193−1
TEL 0463-34-3343
FAX 0463-34-3116
営業時間 平日9:00〜18:00
    土曜日曜9:00〜15:00
月、祝祭日定休

ホームページの先頭へ戻る