つれづれなるままに by 社長mobile
[1-3] を表示
戻る
No.35 赤い幌馬車SP310? 
2012-03-10 19:44:51
パサートと交換しましたフェアレディー1600、3人乗りはそれなりの状態でしたがステアリングギアボックスがガタガタで限界かな?
幌もとりあえずは雨は大丈夫かな。普通に足車として使っていました5月の天気の良い日、幌をたたみオープンにし西湘を軽く流し大磯港へ降り赤信号で停車し軽く空ぶかし、すると後方から野太い排気音が答えるように!ルームミラーを見ると同じ赤い幌馬車が!排気音が太いので多分SRでしょう。大磯から湘南平へと走り駐車場へ、すると後ろを追従してきたSRが隣に駐車、2台並ぶとナカナカです。SRのオーナーさんと話しますと御近所で同業者、車はシャッター付きガレージに入れて大事に!このSR良く見ると左ハンドルでSRL311で赤いボディーはピカピカ、シートも幌も張替え済みでベストコンディション。
私のSPとは比べ物に成らず。ソリャーソウダ、ポンコツどうし交換した車と200万の車とでは!!!
幌を格納したり装着したり天気によってカッコ付け暫く乗っていましたが段々幌をいじるのが面倒になり、そのうち同じ屋根なら鉄で出来ているセダンの方が良いのでは?なんて考える始末。きっと前のオーナーさんも同じ考えになったのでは。電動の幌だったら!!!
それに幌の車ってカッコ良いけど無用心ですね、カッターナイフで幌を斬られたら怖いですね。
SRはH20エンジンの改良版でOHVからOHCに!SPはR型エンジンでOHV、SUキャブX2で初代シルビア、411ブルのSSSと同じで鉄製丈夫エンジンでした。SRのエンジンはタイミングチェーンのトラブルが!もっともSR乗りは運転がハードの方が多かったですからねぇー。この当時のフロントディスクキャリパーも今思うと随分チャッチイと言ったら申し訳ないですが!確か住友ダンロップ製でしたか??
結局半年位乗って売却。
その後暫くはバイクと箱スカ三昧で次の外車はフォードムスタングです、すげぇーと思うでしょうが実はショボイのです。ムスタングでも小さなギアUというやつです。うぐいす色のボディーにアイボリーのハーフレザートップで地味目です。この車室内狭い燃費超悪し、あまり残像がないです、かわいそうな車。



No.34 ボルボ244GLセダンATダークグリーン!! 
2011-06-24 10:35:37
240、750、850とか言われていた以前のタイプです、まだアマゾンが良く見かけていました。244の2は2代目、4はプラグの数、次の4はドアの数を表している?そんな記憶が?
この244GLはエアコンが壊れていまして、確か7万円で購入OHVエンジンで411ブルのSSのイメージ、そうです!SUツインキャブ装備。
走りはブルのイメージとは違いチョットタルイ感じ、まぁATですから。北欧の車だから?ヒーターはすごく効きました。暑くなる前に売却しました。ボルボと言えばアマゾン、アマゾンといえば作家の五木寛之さんってイメージで一度は乗って見たいと思い今に至るって感じです。ダークグリーンの2DRのアマゾンが今でも羨望です、アマゾンや244のボルボはバンパーがジュラルミンみたいな材質で一見アルミ?の様ですが非常に硬く変形修復不可の様、ブロック塀に激突したら塀は倒れたれけどバンパーは傷が付いただけだった??なんて話聞いた事が有り!!!!
友人でアルゼンチンの方がいまして不思議に福島弁なのですが、この人にアマゾンの話をするとボルボは丈夫でいいですねぇー、アルゼンチンの畑に沢山置いてある?んーー?なんで畑にぃー?
ボルボって丈夫で腐らないから物置代わりや鳥小屋代わりに良いとの事、アマゾンがアルゼンチンの畑の隅でーーーイメージがぁー。。。
そういえばボディーの耐腐食年数が一位ボルボで20年、二位ベンツで16年という広告以前見た事が。
このボルボ売却しまして、ある日追突されました。相手は国産車でしたがフロント部グシャグシャ、ボルボはバンパーが少し捩れて表面が傷ついているのか?そんな感じでした。相手が気の毒でした。さすが空飛ぶレンガ!!
ボルボの次はパサートクーペ、カラーはイエロー内装グリーンおしゃれな車。初代ですね、この頃の欧州車の小型スポーツ系はパサートクーペ、シロッコ、オペルマンタとかカッコ良かったですね。
アルファとかBMの02等は別格で高価でしたが他は結構リーズナブルの感じでした。このパサート、フロントのハブベアリングが磨耗していまして走るとスゴイ音、安い車には何かあるんです。部品は購入したのですが当時この様な造りのハブベアリングは国産には無く、さて如何にして交換するか?今でしたらFFハブベアリングプーラーが有るので簡単ですが!片手ハンマーとボックスとタガネで一日がかりでヤッツケました。昔のFFですからハブだけ取れずストラット一体ですので
なおさら作業がしずらい、自分の車なので気軽ですがハブは傷だらけ
某メーカーさんもかなり苦労するとの事、当時の話です。
しばらく乗っていましてある日お客様を隣に乗せましたら随分大きなハンドルだね、バスみたい?と言われガックリ。当時このクラスパワステなんてありゃしないハンドル操作を軽くするにはステアリングホイールを大径に!!ましてFFですからなおさら重い。
そんな訳でイヤになってるパサートとフェアレディー1600、3人乗りSP310?赤幌馬車と交換しよう、という話が有り異存無く交換しました
次回、外車から一度離れ赤い幌馬車の話を!!!




No.33 外車、がいしゃ、ガイシャ、ポンコツばかり乗りました。 
2011-05-07 11:02:07
初めての外車は以前紹介させて戴きました、ビートルの1500です。その後70年代後半から初代ゴルフあまがえる色、マニュアル車純正クーラー付き。二代目はワーゲンタイプVグレー、3代目はボルボ244
濃い目グリーン純正デンソークーラー付き、70年代はこの3台。
初代のゴルフですが色が気に入っていました。面白かったかったのは純正クーラーです、運転席と助手席間に置いてあるって感じで黒い昭和初期の映画に出て来るような大きな真空管ラジオの様、前面にタイアルが二つ付いていた様な。人を乗せると必ず何でこんな大きなラジオ付いているの?と聞かれ、恥ずかしかった。今思うと家庭用のクーラーのデザイン、勿論昔の形そのものですね。でもこのクーラー壊れて効きませんでした、何分下取りのポンコツなんでクーラーなんて付いているだけ、カッコだけ。ボルボ244も同じ、付いているだけ。当時は修理工場は超忙しくクーラー、エアコン、電装関係は電装屋さんに修理を依頼というスタイルでした。クーラー、エアコンの修理なんて幾ら掛かるか怖くて、今みたいに見積もりを、何ていったら
やって見ないと解らないだろー、と怒られそうでした。見積もりが欲しい!なんて言うお客様には見積もりを創る時間が無いので他の工場へ行かれたらいかがでしょう?そんな時代でした。ほとんどのお客様は見積もりなんていらない、とにかく忙しいので速くやってくれ!
こういった流れでしたね、時代は。みなさん忙しくバンバンお金を使って。

この初代ゴルフ、路面の荒れた所や深い溝がある所を走行するとフロント右のアクスルシャフトが車両が沈み込んだ時フレームに当たりガンガン音がします。ショックは赤いコニで車高もノーマル、ヘタリも無く不思議?良く見るとかなり以前から当たっていたらしくフレームは傷が付いていました。アマガエルグリーンがお気に入りで三ヶ月位乗って売却しました。トラブルは一度、西湘バイパス走行時アクセルが戻らなく成り診て見るとキャブとエアクリケースの間のインシュレーターがなぜか?外れてキャブ内に入りスロットルバタフライに引っ掛かり。
話はそれますが西湘バイパスって昔は大磯入り口からロングビーチ間が最初開通していた記憶があります、ここで良くクダラナイテストをしていました。トーハツランペットスポーツのシリンダーヘッドを外し友人の工務店のグラインダーで削り走行テスト、いきなりエンジンストール!スパークプラグを外して診ると削りカスがプラグの電極間に付着ブリッジを!!!掃除して再びテスト即ストール、プラグブリッジ??何ていったって16歳削りカスのことなど考えていません、とにかく走って見たくて。悪戯ですので面も出ていません圧縮漏れ有り、プスプス。BS90スポーツでも同じ事をやりプラグのブリッジは無かったけれど圧縮漏れは酷くアッチ削りコッチ削りヘッドは酷いことに、
大体グラインダーはナイよねー、無知怖いもの知らずーーでした。
西湘バイパスで一度怖い思い出があります、それはポンコツキャロル360で最高速チャレンジ??100キロ位出ました!ところがブレーキが効きません、前方信号赤で何台か停車していまして止まらない、路肩の草むらへ突っ込み回避ヤレヤレ。
当時軽自動車の車検制度は無くポンコツの軽4輪なんて考えてみれば凶器ですね!!!!ポンコツキャロルのブレーキは何故効かなかったのか?それはブレーキホースが劣化しブレーキオイルが通うポートが殆ど塞がっていた状態でした。今では考えられません。当時の軽四輪は
走っていてタイヤが取れた!とかシャフトは回っているけどタイヤが回らず、走らない。なんて笑い話けっこう有り材質が????
パワーも無く軽くスピードも出なかったから良かったのでは、パワーの有る自動二輪は確か車検制度があった様な。
初代ゴルフの話から随分長くなってしまいました。次はボルボ244の話を!!!



次の 3 件

株式会社 シティーオート・テクニカ
〒254-0915 神奈川県平塚市出縄193−1
TEL 0463-34-3343
FAX 0463-34-3116
営業時間 平日9:00〜18:00
    土曜日曜9:00〜15:00
月、祝祭日定休


メール
ホームページの先頭へ戻る